インプラント治療について

インプラントは見た目は綺麗ですが、長い間してると歯茎の心配が出てくるとおもいます。歯だけ綺麗でも歯茎が汚かったらもったいないと思います。インプラントは人工歯根とも呼ばれ、天然歯に近い構造を持ち、口の中の機能回復と審美性を追求した、新しい歯科治療です。 インプラントのメリットは自分の歯と同じように噛む事ができ、見た目もきれいなことです。 インプラントは歯を失った部位にチタン製の人工歯根を埋入し、骨と結合させることによって天然の歯と同等の機能をもたせたものを言います。 インプラントの医療費控除について インプラント診療は見た目の改善を主な目的とする矯正治療や美容手術とちがい、また自家用車やブランド品とくらべて贅沢品でもはありませんので、また費用が高額なため、医療費控除が適用されます。 場合によっては、治療費の半分以上が還付されるケースもあり、高額なインプラント治療を行った際には、申告を忘れずにおこなったほうがよいでしょう。 インプラントの医療費控除は1年間にかかった医療費が10万円以上のときに適用されます。給与をもらっている人であれば、源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」をさします。 この金額が200万円未満の人は5%をかけた金額以上の領収書があれば、医療費控除の対象となります。 具体的には年収315万円以下の人が対象です。 医療費控除とは、医療費を1年間で一定額以上支払ったら、税金が還付される・安くなる制度です。 控除される金額は、(医療費の合計)-(保険金などで補填される金額の合計)-(10万円)といった感じです。上限は200万円です。さらにいろいろと例外もあり、何をもって医療費とするか細かい規定があるようです。詳細は医療機関のほうで資料をもらうといいかと思います。 インプラントの寿命について  あくまでも「平均」となりますが、一般的な寿命は15年と言われています。   (※ブリッジ:7年,入れ歯:5年)  ただし、歯科医師の技術に問題があったり、患者さん側のお手入れや生活習慣に問題があれば、数年で抜けてしまい、駄目になることもあります。また逆に、状態が良ければさらに長持ちし、40年以上経っているものも存在します。(もちろんブリッジでも、20年以上使われている方もいます。)  入れ歯やブリッジは、「保険治療」か「自費治療」かで使える素材が違うため、結果が違ってくることがよくあります。  大切なのは、インプラントも入れ歯もブリッジも、長持ちさせるためには、定期検診が必要だということです。

審美歯科 東京 口コミ
664

リスク

インプラントは安全性の高い技術ではあるものの、何にでもリスクというのは付きもので、インプラントに関しても例外ではありません。インプラントをするためには顎の骨に金属を埋め込む外科的手術が必要になるため、その際の感染症や持病あった際などの合併症またはあってはならないことですが、事故なども時として起こりえます。

手入れ

自分の歯のようにしっかりと噛むことのできるインプラント。しかし、自分の歯とも入れ歯とも違うけど、一体お手入れはどの程度必要なのでしょう。インプラントをされたあとも、毎日の歯磨きは欠かさずむしろ今までよりも丁寧に行ってください。合わせて定期検診も必ず行きましょう。あなたのお手入れ次第で使用できる期間が長くも短くもなります。

不安

インプラントをするにあたっては不安になる人が多いものおです。外科手術になるので、もちろん麻酔なども行いますし、そのあとの痛みなどについても不安に思うことがあると思います。そんな時には施術をしてくれる病院で相談をしてみましょう。細かい説明などをきちんとしてくれる医師であれば安心して任せることができますものね。

Copyright ©All rights reserved.インプラント治療について.